オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下土狩で屋根工事、ガルバリウム鋼板葺きを行っています。


img_0_m-52-simple
現場のネットが掛かり、会社の宣伝ネットも貼りました。

そういえばこの看板、『貼る高さ』けっこうセンス必要です。

足場屋さんが渡されて適当に付ける場合がありますが、「何でそこよ~!」って

クレーム入れたくなる時あります(笑)

「高すぎてフリーダイヤル読めないだとか」「逆に付ければ大通りから見えたのに!」とかね。

でもクレーム言うと、だったら最初に指示して!とか 2枚用意してくれれば良かったのに と逆襲されます。

反論できない。。。

今回は望月監督の裁量で2枚掛け。 この方向と逆から来る人用のW攻撃♪
img_1_m-58-simple
ガルバリウム鋼板葺きの工事、8割程できてきました。

このところ天気が悪かったので残りは明日ですね。
img_2_m-60-simple
片流れの一番高い部分。

ココは鋼板の裏に水が回らないように、破風板ごと覆う役物をセットすれば完成です。
img_3_m-15-simple
あれ? 材料足りない?  のではありません。

一番端はけらばですから材料の形状が中とは違うのです。けらば専用の加工がされている材料待ち。
img_4_m-12-simple
屋根の一番低い軒の部分。

縦平の形状の場合は軒先唐草を取り付けます。

特に唐草模様が入っているわけではないです(笑)

鼻隠しに水が伝わらない水切りの役目をします。
img_5_m-9-simple
鋼板の留め方はビスを使いますが、その穴が原因で雨漏りをしたら大変です。

縦平の場合、ビスが完全に隠れます。

 次の材料を右側にセットしたら同じ形状の溝を同士をかしめ(圧縮させて結合)ます。

必然的にビスは見えなくなるのです。
img_6_m-7-simple
建材屋さんが断熱材を持ってきてくれました♪

見た目は重そうなパッケージですが、持ち上げると・・・ 軽いです。 蒔田

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468