オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市駿河区中島A様木造平屋建て貸事務所リフォーム工事8


中島平屋事務所
今回の工事は、屋根のカバー工法で施工いたします。
カバー工法とは、屋根を解体せず、古い屋根の上に新しい屋根を施工する工法です。
写真は古い屋根の上に新しい屋根の下地を施工した所です。
下地材は胴縁と言う木材を使用いたします。
下地材が動かないように、しっかりと垂木に固定してます。

中島平屋事務所
下地材の胴縁は、ヒノキを使用しています。ヒノキ材は腐りにくいし、木材が、痩せにくい木材になります。
ヒノキ材を固定するのは、75㍉のビスでしっかり固定していきます。
中島平屋事務所
写真は、新しい屋根材になります。
軒先から棟の部分まで一枚で屋根を葺きます。
上下の継手を作ってしまうと、継手部分からサビてしまう恐れがあるので、なるべく一枚で葺きます。右左の継手は3山分重ねて施工します。
中島平屋事務所
ちょうど、倉庫の屋根部分と交差するところの作業をしています。今回、足場が無いので気を付けながら作業を進めていきます。
中島平屋事務所
屋根材を上に上げまして、いよいよ葺きはじめます。
最初の葺き始めが、重要なので、最初の貼り始めは慎重に行います。

中島平屋事務所
板金屋さんが、新しい屋根の上で作業してますけど、座りこんで作業しています。
これには意味がありまして、座りこんで作業すれば、自分の体重が分散されて、屋根材がヘコだりしますので、それを防ぐために、座り込んで作業をしていきます。
中島平屋事務所
屋根材が、風などで飛ばないように、固定している所です。
固定するのは、釘で固定していきます。もちろんステン釘を使用します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓外観

静岡市葵区大岩のお客様からのご相談です。“雨漏りがしている、いま室内にバケツを置いて対応している”とのことです。すぐに訪問いたしました。

桜町現況

静岡市葵区桜町の倉庫オーナー様が弊社に来店されました。倉庫庇の屋根が経年劣化で傷んでしまい、雨漏りがするそうです。オーナー様がご自身で応急処置をされたそうなのですが改善には至らず、弊社にご相談にみえました。

雨樋

駿河区登呂のお客様から雨樋のコーナー部分が割れて雨水が漏れてくる、とご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468