オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市駿河区中島A様木造平屋建て貸事務所リフォーム工事8


中島平屋事務所
今回の工事は、屋根のカバー工法で施工いたします。
カバー工法とは、屋根を解体せず、古い屋根の上に新しい屋根を施工する工法です。
写真は古い屋根の上に新しい屋根の下地を施工した所です。
下地材は胴縁と言う木材を使用いたします。
下地材が動かないように、しっかりと垂木に固定してます。

中島平屋事務所
下地材の胴縁は、ヒノキを使用しています。ヒノキ材は腐りにくいし、木材が、痩せにくい木材になります。
ヒノキ材を固定するのは、75㍉のビスでしっかり固定していきます。
中島平屋事務所
写真は、新しい屋根材になります。
軒先から棟の部分まで一枚で屋根を葺きます。
上下の継手を作ってしまうと、継手部分からサビてしまう恐れがあるので、なるべく一枚で葺きます。右左の継手は3山分重ねて施工します。
中島平屋事務所
ちょうど、倉庫の屋根部分と交差するところの作業をしています。今回、足場が無いので気を付けながら作業を進めていきます。
中島平屋事務所
屋根材を上に上げまして、いよいよ葺きはじめます。
最初の葺き始めが、重要なので、最初の貼り始めは慎重に行います。

中島平屋事務所
板金屋さんが、新しい屋根の上で作業してますけど、座りこんで作業しています。
これには意味がありまして、座りこんで作業すれば、自分の体重が分散されて、屋根材がヘコだりしますので、それを防ぐために、座り込んで作業をしていきます。
中島平屋事務所
屋根材が、風などで飛ばないように、固定している所です。
固定するのは、釘で固定していきます。もちろんステン釘を使用します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468