オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

静岡市駿河区中島A様木造平屋建て貸事務所リフォーム工事2


P1060134-e1520487855169-simple
静岡市駿河区中島A様貸事務所の内装工事を行います。
築40年以上になります。
何年か前に一度リフォームをしている感じの物件になります。
今回は解体工事の方をご紹介いたします。
左の写真は、解体前の写真で
床は、クションフロアー、壁は3㍉木目プリントべニア、天井はジュプトーンになります。
天井は、照明器具のみを取りまして、現状のジュプトーンの上に下地を組みまして、新しいジュプトーンを貼る予定です。なので天井は照明と撤去するだけです。
壁、床は剥す予定です。
とりあえす、一部壁を捲ってみた所、断熱材が見えてきました。壁の所に一部見えてるのが断熱材になります。
24Kの密度の高い断熱材が入ってました。
密度の高い断熱材になりますので、捨てるのはもったいないと思いましたので、貸主様に相談いたしまして、断熱材はそのままにすることにしました。


P1060142-e1520493243351-simple
次は床を捲っていきます。
現状がクッションフロアーになります、のりで付いてるだけなので意外と簡単に捲れました。
でも、所々にのりがしっかりくっ付いてたりしたので、取り切れない所は削ったりして取りました。
最初は簡単に取れましたけど進むにつれて、取れない箇所が増えて来ましたので中々大変でした。
P1090407-e1520493992485-simple
床が捲れ終わったら、一部床がフカフカしてる所を発見しまして、フカフカしてる所の床を取ってみました。
40年前の建物でしたから、床は根太工法と言う工法で施工してると思いましたら、鉄骨が出て来ました。
おそらく大引きと言う90×90の檜の材料の代わりに鉄骨でやってると思います。
鉄なのでシロアリに食べられないのである意味、鉄の方が頑固なのでこの施工の考え方は、いいと思いました。
床がフカフカしてた原因は、下地に使用していたべニアが、へたってました、恐らく床の上に重い物をずっと乗せていたと思われます。
そこの部分はしっかり補強して復旧しました。
P1090418-e1520495669238-simple
解体工事が終了しました。
天井の照明器具、壁材、床のクッションフロアーがなくなりました。
次は、下地工事になります。
また工事が進みましたら写真添付と状況報告いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根修繕

街の屋根やさん静岡店をご覧いただきありがとうございます。屋根修繕、できればやらずにいたいものですよね。とはいえ、雨風から建物と私たちを守ってくれる屋根です、経年劣化で傷みが出てきたのを目にしたとき、どのタイミングでどのような症状が出たら屋根...........

波板劣化

こんにちは。街の屋根やさん静岡店のサイトをご覧いただきありがとうございます。静岡市で波板交換工事をご検討されているかたに街の屋根やさん静岡店での工事の様子をご紹介いたしますね。今回、波板交換工事に至った、お問い合わせをいただいたきっかけは「...........

訪問

こんにちは。街の屋根やさん静岡店のサイトをご覧いただきありがとうございます。静岡市で雨樋リフォームをご検討されているかたに、街の屋根やさん静岡店での、雨樋リフォーム工事の様子をご紹介いたしますね。今回、雨樋リフォームに至った、お問い合わせを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468