オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市駿河区中田、雨漏りの原因調査と解決方法


雨漏り静岡街の屋根やさん
静岡市駿河区中田の店舗で、台風の時に雨が漏る事例がありました。
今回の建物はとても複雑で 元々建っている既存2階建て店舗に一部平屋部分があり、 それに後から増築した30坪も存在しています。
漏るのは増築部分の天井と壁部分! まずは原因調査を行います。
雨漏り静岡街の屋根やさん
既存店舗の平屋部分の屋根よりも、後から増築した方が屋根が高いので、 境目に谷樋を設置してあります。
台風の時はこの部分にかなりの量の雨水が流れ込んで、タイトフレームと水切りを乗り越えて水が跳ねているのではないか? という現状です。
ココに大量の雨水が流れ込まない仕組みを作らなければなりません。
雨漏り静岡街の屋根やさん
とりあえず一つの解決方法として、母屋の2階の屋根に落ちる雨。
現況は横樋で受けた後にそのまま既存平屋の屋根に放水する経路となっていましたが、
今回の工事は縦樋からそのまま谷樋を通り過ぎて 増築部分(屋根が高い方)に直接流れる経路の作成。
雨漏り静岡街の屋根やさん
谷樋の怖いところは溢れた時に建物の内部に流れる危険性が高いので、そこには雨を落とさない経路を塩ビの管で誘導しています。
雨漏り静岡街の屋根やさん
増築側の折版に落とす事で、その先は傾斜なりに建物の外に設置してある横樋を経由して 駐車場の下の雨水排水溝へ直接流すことができます。
雨漏り静岡街の屋根やさん
もう一つの心配は、下水道が満水になった時に、雨水を受け止めきれずに 樋が詰まって屋根の上がプールになる! という可能性です。
そこで排水管に落とす手前で樋をカットして、網付きの升を噛ませました。
オーバーフローの役割を果たすので 下水が詰まっても ここで詰まりを回避して駐車場側に流せます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468