オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風が来る前に確認できることをしておきましょう!!静岡市清水区で屋根の部材の剥がれ


棟板金の修繕工事を請け負いました

昨日のブログで紹介いたしました、静岡市清水区折戸のお客様からのご相談です。台風による強風で屋根の棟板金が剥がれてしまって修繕をご希望です。
before1
頂上
horizontal
after1
頂上アフター
木下地
木下地2
before1
ビフォー
horizontal
after1
アフター
アフター
今回、棟包み板金(SGLガルバリウム鋼板)を13m交換いたしました。
そもそも、棟包み板金ってなぜ、風によってはがれてしまうんでしょう。
要因はさまざま考えられます。
新築で施工したときには、板金は当然しっかりと釘で木下地に打ち込まれているのです。
しかし、屋根という場所は、太陽光が当たり続ける場所になりますよね。
実は板金の部材(に限らず外壁材のサイディングなどもそうですが)は昼間の暑さで膨張し、夜の冷え込みで収縮をします。
その繰り返しによってどんどん釘が浮いてきてしまうのです。
ただ浮いただけだったら、木下地とは接合していますから剥がれることなどないでしょう。
しかし、そこに風が入り込んだら。。。持ち上げられてしまいます。
ですから、見た目で判断をせずに、定期的に屋根のメンテナンスは必要になってくるわけなのです。
メンテナンス時に釘のゆるみが確認できればそのタイミングで補修ができます。
今回のお客様に限らずですが、剥がれてしまってからの処置では、もしも処置までに雨天があったら建物に雨水の影響が及びます。そもそも雨から建物を守るための屋根なのに、力が発揮できないのはとても残念です。
屋根に屋根の役割を担ってもらおうではありませんか。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468