オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市清水区銀座で屋根の調査を行います


P1060330-640x480-1-simple
過去にいくつかの施工会社さんで屋根修理をしたけれど雨漏りがあって困っている、とのご連絡をいただき、調査にやってきました。
屋根に登らせていただきました。
屋根の素材自体もかなり年季が入っています。
そして屋根材を留めていたビス穴を塞ぐ補修(点在する白い部分です)や、屋根材の境目にも補修をしたような痕跡がみられますね。
P1060494-640x480-simple
実は、安易に屋根材の上から穴を塞ぐだけでは雨漏りの解決にはなりません。
雨水がどこから侵入しているのか、単純に上からの侵入とは限らないのです。
強風で雨が横から吹きつけたことによって意外な場所から伝ってきていることもあるのです。
どこに問題があるのか、徹底的に要因探しをします。
今回の調査では、まず屋根材を剥がしました。
木腐食
見てください。
屋根の土台の木部がかなり傷んでいます。
水分を含んでふにゃふにゃです。
雨が降るたびにスポンジのごとく、水分を吸収していたのではないでしょうか。
さあ、ではその雨水は何処から侵入していたのか。
探偵のように鋭い視線でチェックしていきます。
P1060329-640x481-simple
同時に、樋から雨水が溢れるとのお話もありました。
風で舞ってきた枯葉などが樋に詰まってしまうとうまく雨水が流れないことがあります。
経年で劣化も進んでいるようですので
交換をした場合にいくらくらいかかるのか、
それはどこからどこまでの部分を交換すべきか、
それとも現在の樋を修理するといくらくらいになるのか、いくつかのパターンのお見積りをご提案させていただくことになりました。

普段、高い屋根の上に登ることができないお客様にかわって、撮影した画像を添えて説明をいたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468