オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

沼津市市道のW様邸施工現場 屋上の防水工事を行います


img_0-225-simple
屋上です!


「写真1」はデッキプレートを敷き詰めた時。
「写真2」は、そこへ コンクリートを流し込んで固まったところ。
「写真3」は今日行った 防水工事です。


バルコニーや屋上の防水の方法はいろいろありますが、今回は鉄骨の建物ですから「シート防水」を施しました。


理由としては鉄骨の建物は、木造やコンクリート造と比べて
構造体の撓り(しなり)や揺れが大きいので その動きに追従させるため、ゴムのシートで覆います。


この辺りでいうと・・・安倍川や富士川の橋の上で・・・渋滞で止まっている時
反対車線を大型車が走ると、カックンカックンと鉄橋が揺れてるのが分かると思います。



img_1-227-simple
鉄骨フレームは暑さ寒さで伸び縮みがあったり、少しの振動でも撓りが生じますから
硬化するFRP防水やセメント系では、ひび割れや剥がれが起きる可能性があります。
防水工事の施工方法は、建物の構造や特徴に合わせて選んでいきます。



img_2-223-simple
写真3ですが・・・シート防水(黒い部分がシート)は床面だけでなく
端っこの部分などは、立ち上り壁のてっぺんまで巻き込む様に貼り合わせていきます。


台風など横殴りの雨の時でも、水が入る隙間を造らない 万全の工事で臨みます♪


この後は「トップコート」という塗装で、太陽の紫外線をカットして
シートの劣化を防止するための、仕上げの工事が待っています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468