オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

沼津市市道のW様邸施工現場 屋上の防水工事を行います


img_0-225-simple
屋上です!


「写真1」はデッキプレートを敷き詰めた時。
「写真2」は、そこへ コンクリートを流し込んで固まったところ。
「写真3」は今日行った 防水工事です。


バルコニーや屋上の防水の方法はいろいろありますが、今回は鉄骨の建物ですから「シート防水」を施しました。


理由としては鉄骨の建物は、木造やコンクリート造と比べて
構造体の撓り(しなり)や揺れが大きいので その動きに追従させるため、ゴムのシートで覆います。


この辺りでいうと・・・安倍川や富士川の橋の上で・・・渋滞で止まっている時
反対車線を大型車が走ると、カックンカックンと鉄橋が揺れてるのが分かると思います。



img_1-227-simple
鉄骨フレームは暑さ寒さで伸び縮みがあったり、少しの振動でも撓りが生じますから
硬化するFRP防水やセメント系では、ひび割れや剥がれが起きる可能性があります。
防水工事の施工方法は、建物の構造や特徴に合わせて選んでいきます。



img_2-223-simple
写真3ですが・・・シート防水(黒い部分がシート)は床面だけでなく
端っこの部分などは、立ち上り壁のてっぺんまで巻き込む様に貼り合わせていきます。


台風など横殴りの雨の時でも、水が入る隙間を造らない 万全の工事で臨みます♪


この後は「トップコート」という塗装で、太陽の紫外線をカットして
シートの劣化を防止するための、仕上げの工事が待っています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓外観

静岡市葵区大岩のお客様からのご相談です。“雨漏りがしている、いま室内にバケツを置いて対応している”とのことです。すぐに訪問いたしました。

桜町現況

静岡市葵区桜町の倉庫オーナー様が弊社に来店されました。倉庫庇の屋根が経年劣化で傷んでしまい、雨漏りがするそうです。オーナー様がご自身で応急処置をされたそうなのですが改善には至らず、弊社にご相談にみえました。

雨樋

駿河区登呂のお客様から雨樋のコーナー部分が割れて雨水が漏れてくる、とご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468