オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

長泉町下土狩で外壁と基礎の取り合い、水切り設置工事


img_0_m-51-simple
外壁を貼るにあたり、先に処理しておきたいのが基礎の上。

外壁と基礎の間から雨が入り込まないように『水切り』を設置します。
img_1_m-57-simple
『水切り』は文字通り水をカットする仕切り。

板金屋さんが取り付けます。
img_2_m-59-simple
コーナーは現場で加工します。
img_3_m-14-simple
切り込みを入れて直角にします。
img_4_m-11-simple
水切りをひっくり返してみると、スリットが入っています。

これは通気工法という壁内を換気するためのもの。

夏の猛暑日は外壁や屋根が熱せられて内側に熱が籠りやすくなりますから

基礎から新鮮な空気を採り入れ、熱せられた空気は壁や天井裏を通って屋根の頂上から排気するシステムに

なっています。

断熱材は通気層の内側に詰めてあるので 内断熱工法と呼ばれています。
img_5_m-8-simple
玄関横の壁にも水切り設置。 蒔田
img_6_m-6-simple

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓外観

静岡市葵区大岩のお客様からのご相談です。“雨漏りがしている、いま室内にバケツを置いて対応している”とのことです。すぐに訪問いたしました。

桜町現況

静岡市葵区桜町の倉庫オーナー様が弊社に来店されました。倉庫庇の屋根が経年劣化で傷んでしまい、雨漏りがするそうです。オーナー様がご自身で応急処置をされたそうなのですが改善には至らず、弊社にご相談にみえました。

雨樋

駿河区登呂のお客様から雨樋のコーナー部分が割れて雨水が漏れてくる、とご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468