オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

沼津市庄栄町で外壁下地のウォーターガードの施工を行いました。


img_0_m-27-simple
外壁を貼る工事の前に、まず防水層をしっかり作っておくことが大切です。そこでウォーターガード! 透湿防水【紙】を貼ります。
防水なのに【紙】?と驚かれました?
『高密度ポリエチレン不織布』と言う素材で
0.5~10ミクロンのポリエチレンの極細長繊維をランダムに積層し、
熱と圧力だけで結合させたシート。 
ポリコーティングされているので水は通しません。ただ室内に籠った湿気は繊維の隙間から外に輩出しますから 結露の心配もなくなります。
img_1_m-32-simple
【施工上の注意】
1、横使いでこ使用下さい。
2、土台部から順に上に貼りあげて下さい。
3、重ね代は、縦方向90mm以上
  横方向150mm以上として下さい。

要は、基礎から横方向に貼り始めて 上へ上へと貼り重ねる事で
雨の侵入経路を無くすという事です。
常に上側が被っていれば 万が一外壁の内側に水が入っても 室内や断熱材は濡れません。
img_2_m-30-simple
グレーの帯状の物は防水テープ。
サッシ周りは台風の時に横殴りの雨も想定して 四方をグルッと巻き込みます。
サッシと外壁のつなぎ目が雨漏りの原因になりやすいとされていますので、 防水テープで抑え込むことで建物を長く快適にする役割を果たします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468