オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市葵区末広町の雨漏り調査と修理を行いました。


雨漏れ調査
今回の工事は、一階の玄関から雨が漏ると言うことでご依頼をいただきました。
築7年、鉄骨造3階建て(一部木造)まだ築年数も新しいお宅になります。
雨漏れなのでまずどこから漏ってるかを調査しなければなりません。最初にお施主様にヒヤリングしまして大体の雨漏れ箇所をきめます。
左の写真は雨漏れがしてる上の部分の外壁を捲った写真になります。
外壁材はサイディング(窯業系)でもう製造していない廃盤品らしいです。
なので捲る時は慎重に捲らないと、また元に戻せなくなりますから慎重に慎重に捲りました。
白い文字の入った所が防水紙になります。
雨が降ると最初に外壁で防水して、雨水の侵入を防ぎます。
築年数が建ってると、サッシ回りのコーキングが劣化しまして、そこから雨が入りまして、雨漏れの原因となります。
今回の現場は築年数が浅いわりに、コーキングの劣化が進んでました。
劣化したコーキングの所から入ったとすれば、防水で止まるはずですけど、それが止まらすそのまま室内に入ってしまいました。
なので今回は一度外壁材を捲って調査しました。

P1040839-640x480-simple
外壁材を捲った状態で一度水を掛けてみました。
水を掛けは始めてすぐに、雨漏れがしました。
写真の場所は丁度外壁を捲った下になります。天井に点検口がありましたのでそこから頭を入れて覗いてる所です。
最初にきずいた事が、何で天井裏に防水紙が見えてるかと言うことです。
普通でしたら、防水紙は水切りと言う板金の所で止まるはずですけど、今回は、天井裏で止まってます。
防水紙の貼り方が良くなったみたいですね。
今度は具体的に何処から入ったと言うことを調査していきます。
外壁 雨漏れ
左の写真は雨が入ってると思われる写真です。
青い四角い左下に穴が開いてました。
ちょうどサッシと水切り板金の取合いのとこです。
本来でしたそこの部分は裏側に灰色のシート防水は立ち上がってる所です。今回は立ち上がりが少なく何もない状態でした。
大体穴の大きさは5mm程度でした。これだけの大きさの穴ですとがなり雨漏れはします。
おそらく、サッシ回りのコーキングが劣化してましたので、劣化したコーキングから入って防水を伝って入ったと思われます。
今度は、この雨漏れを止めなければなりません。
外壁 雨漏れ
今回の雨漏れを止める方法は、まず穴開いてる所をコーキングで止めました。
防水の上下の重ねが逆でしたので重ねの部分に防水テープをつけました。
本来でしたら、防水紙の重ねは、下の防水紙の上に、上の防水紙が来るはずですけど、それが逆でした。下の防水紙が手前に来てればお水は中に入りますよね。
なのでそこの部分は防水テープで処理しました
防水テープは細長い灰色物になります。写真では解りずらいかと思いますけど、ガムテープ位の幅の物になります。表は灰色ですけど、裏側(接着面)は黒になっていまして、かなりの接着力があります。一度付きますとほとんど取れません、剥そうとすると、防水紙の方が破けてしまします。かなりの接着力になります、当然防水テープなので水は通しませんよ。
防水の処理が終わりましたら外壁材を貼る前にお水を掛けてみます。雨漏れ箇所は解っていますので念のため掛けてみました。先に外壁材を貼ってしまって、お水をまいて雨が漏ったらまた外壁を捲らなくてはならないので、外壁材を貼る前にお水をまいてみました。
お水を5分位まいても雨漏れが無かったので良かったです。
これで、無事に外壁材を貼ることができます。
外壁 雨漏れ
外壁を元通りに貼りました。外壁の周りはコーキングを回してこれで完了です。
今回の工事はお施主様のご予算、外壁材が廃盤になってたりしたので、工事の方は最小限でやらせて頂きました。
街の屋根やさん静岡店では、お施主様のご予算、要望などを一緒に話し合いながら工事手順、施工方法などを柔軟に決めていきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

静岡市駿河区寿町で玄関上軒天に雨滲みが。

落とし口ビフォー
落とし口アフター
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板(SGL) 谷樋6.5m 笠木板金6.5m 谷樋落とし口まわり
築年数
建坪
保証
工事費用
板金コーキング含む 91854円
施工事例

葵区田町で雨漏り対策で外壁トタンをカバー工法で修繕

ビフォー外観正面
アフター 外観正面
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

ベランダ屋根破損の修繕工事

劣化
完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
塩ビポリカーボネイト(屋根材)9㎡
築年数
建坪
保証
工事費用
163512円
施工事例

静岡市葵区川合で樋の修繕工事

雨樋はずれている
雨樋施工
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
70000円
施工事例

台風接近中!静岡市葵区吉津で強風による飛散物で屋根瓦が破損・落下、棟瓦の釘の浮きの修繕工事

棟瓦 ビフォー
棟瓦 アフター
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
75000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P1050940

大手メーカーさんでお建てになった築16年のお住まいです。お客様から天窓から雨漏りがしているようだ、とご相談のお電話をいただきました。お客様は、足場が必要になるのか、費用はどれくらいになるのか、どのような方法があるのか、をお知りになりたいとい...........

クロスはがれ

静岡市葵区水見色より。屋根材がトタンのお住まい。築年数を経てトタンの経年劣化が原因で雨漏り発生。雨水が建物内に侵入し、リビングの天井、照明器具まわりのクロス(壁紙)が剥がれてしまい、ご相談のご連絡をいただきました。

屋根

静岡市駿河区中島にある築30年のビルの雨漏り調査に伺いました。屋根の色褪せを防止するように塗装もされ、ボルト部分もコーキングで固めて補強してありましたが、最近になってところどころ雨漏りがするとのこと。一見メンテナンスもされてて、何も問題ない...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468