オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市駿河区八幡で屋根工事を行いました。


防水シート
建物の躯体が組めたところで、屋根の防水工事が始まりました。

アスファルトルーフィングで覆います。
幅は90センチ程でロール状に巻かれて搬入されてきますから、これを水下(低い方)から水上(高い方)に向かって重ねながら貼っていきます。
命綱
常に下から上に重ねる事で、水の侵入を防ぎます。
重ねる幅も規定があり、これは製品に線が書いてあるので分かりやすいです!

黄色い丈夫なロープは親綱(命綱)で、作業者は安全ベルトに付いてるロープの先をこれに通して作業します。

斜めな屋根の上で、万が一落したら命はないので、安全第一で施工していきます。

ガルバリウム鋼板
屋根材を搬入しました。

屋根の素材はガルバリウム鋼板です。
みなさん「ガルバ」って短縮して呼んでいますよね♪
ガルバリウム鋼板
屋根は建物の一番上部。
大地震がきた時は屋根が軽ければ軽いほど揺れに強いです。
逆に重たいと揺れ幅も増大となり、瓦が振り落とされたりズレやすくなります。

建物の構造躯体の負担を考えれば軽い方が遥かに耐震強度が保てます。

ガルバリウム鋼板は軽くて耐久性が高く、優れた屋根材です。
ガルバリウム鋼板
今回採用のガルバリウム鋼板は、鉄板にアルミニウム・亜鉛・珪素の合金でコーティングされていて、アルミはメッキ層表面に強固な不動態皮膜を形成し、メッキ層を保護します。

亜鉛含有量が低下することで犠牲防食性能は劣化するものの、アルミの不動態皮膜と亜鉛生成物がメッキ層の腐食進行を抑制するため、耐久性に優れています。
ペントハウス
一部を屋上利用できるようにしました。

小屋のように見えるのは屋上に上がるための階段室(ペントハウス)です。
トップライト設置用の立ち上がり
白い箱型は、トップライト設置用の立ち上がりになります。

ガラス面を屋上の床の高さに合わせなかったのには理由が3つあります。

瑕疵保険の保証で、雨漏り防止の防水立上げ高さに規定があるのです。
あと床の高さにガラスがあると、踏んで滑ったり割れたりで事故の元になるのと、ガラス面を敢えて斜めにすることで、ガラスに雨が溜まらない工夫です。
トップライト
トップライトの設置が完了しました。

屋上の防水工事も終わっています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

静岡市葵区東草深で新築の平板瓦葺き屋根工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
その他の工事
使用素材
平板瓦
築年数
新築
建坪
保証
10年
工事費用
135万円
施工事例

静岡市駿河区鎌田で屋上の清掃と床のトップコート塗りました♪

屋上の床施工前
屋上の床施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
シート防水専用 トップコート
築年数
11年
建坪
16坪
保証
5年
工事費用
8万円
施工事例

静岡市駿河区中田本町で店舗増築工事を施工しました。

折版工事 ガルバリウム鋼板
折版葺き 増築工事
工事内容
工場・倉庫などの外装リフォーム
その他の工事
使用素材
折版(ガルバリウム鋼板)
築年数
23年
建坪
保証
5年
工事費用
170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

静岡市駿河区北丸子の工場屋根が台風被害にあってしまいました

屋根穴
アフター
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
大波スレート板金 塩ビ小波 
築年数
建坪
保証
工事費用
162000円
施工事例

静岡市葵区見瀬で屋根のてっぺんの板金が外れてしまった

屋根の棟包み板金が剥がれた
施工後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
43000円
施工事例

静岡市駿河区豊田/工場屋根及び外壁張替工事を行いました。

工場外壁
屋根外壁
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
ガルバリウム鋼板屋根・外壁  一部タキロン(採光用)
築年数
40年
建坪
52坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ベランダ防水工事です

「平成」から「令和」になりました。新しい時代に気持ちをリセットして、より一層お客様にご満足していただけるよう、工事を進めさせていただきます。葵区長谷町のこちらの現場では、ベランダの防水工事施工中です。この白い布、不織布のような・・・防水工事...........

屋根工事です

清水区楠では、屋根工事が始まりました。こちらのお宅の屋根は、「片流れ」という形のもので最近の新築住宅でよく見られるものです。屋根の形はいろいろありますが、一般的な三角の形の「切妻屋根」と違って屋根面が一面なので、すっきりした感じです。

中島平屋事務所

今回の工事は、既存の床のクッションフロアーを撤去しまして、新しい床を貼る下地作りを行って行きたいと思います。左の写真は、下地となる12㍉のラーチ合板になります。元々の下地の床材を撤去せず、重ね張りで施工していきます。元々の下地材を撤去します...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468