オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市葵区上足洗でバルコニーの防水工事・外壁工事・軒天工事を行いました。


防水工事
バルコニーの防水工事を行っています。

床の部分はFRPという素材を採用しました。
この単語良く耳にしますよね。

自動車のバンパーやユニットバスの浴槽などの素材ですが、『繊維強化プラスチック』のことです。
防水工事
一般的なプラスチックは強度が弱く割れやすい。
そこでガラス繊維(グラスファイバー)を敷き詰めて、そこに樹脂を流し込んで荷重や地震の揺れにも追従できる弾性を持たせた素材です。

現場では、下地の上にプライマー(下塗り)処理して、ポリエステル樹脂で層を作りながらガラス繊維マットを敷いて、サンドイッチ状に浸透させて硬化させます。
防水工事
雨水は集水したら排水口へ流れ込みますが、万が一枯葉や雑巾などで塞がったらプールの様になってしまって、部屋に水が浸入したらいけないので、少し上の方に予備でオーバーフロー用の穴も設けておきます。

もし排水口が詰まってしまった場合でも、オーバーフロー用の穴から水を排出できる仕組みです。
外壁工事
外壁のサイディング工事進行中です。

製品はケイミュ―のキューブシュクレのハイドブラウンです。

なんだか呪文のようですが……
ケイミュ―というのは製品のメーカー名。
キューブシュクレは石目柄のデザイン名。
色の選択がハイドブラウン。
色は他にもホワイト・ベージュ・グレー系のラインナップもあります。

外壁工事
施行方法は金具で取り付けていきます。

上下の溝に金具を差し込んで、躯体にビス留めしているのでサイディングボード自体に穴を空ける事はありません。

金具の厚み15mmは通気層となって、夏の暑さで外壁の温度が上がり、内部の空気が熱くなった時でも、この空気層を上がって屋根から抜ける仕組みになっています。
軒天工事
軒天井です。
2階のベランダに出て上を見上げると、3階のベランダの下側が見えます。

写真を大きくすると分かると思いますが、ベランダのフチにスリットを入れてあります。
通気工法と言って、壁内に籠らないように風を通します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

静岡市駿河区大坪町ガルバリウム屋根カバー工法

屋根修理前
ガルバリウム鋼板 カバー工法
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
雨樋交換
防水工事
落葉除けネット設置
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
92万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ベランダ防水工事です

葵区瀬名で、ベランダのFRP防水工事の様子です。白いパフパフした布のようなものを貼っています。FRPとは、繊維強化プラスチックの略で名前そのままガラス繊維のようなプラスチックです。

屋根工事です

桜の花も散り始めました。天気がいいので、この屋根の上からは富士山が見えるのではないでしょうか。今日は10m以上もあるガルバリウム鋼板が届き、クレーンで吊り屋根へ上げます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468