オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島市泉町の現場、ベランダのFRP防水工事を施工しました。


ベランダ下地
三島市泉町にてベランダの防水工事を行いました。

防水工法にはアスファルト防水・シート防水・ウレタン防水・FRP防水などがあり、建物の構造や下地との接着相性によって異なります。戸建てのベランダの防水で特に多いのがFRP防水で、今回もFRP防水を施工しました。

まず下地合板のバリ等を取り、平らにします。
FRP
排水の穴を開け、ドレンを取り付けます。

そしてプライマー→FRP防水(ガラスマット)→FRP防水(樹脂)→トップコートで完成です。

トップコートはガラスや樹脂を保護するためのものなので、5年に1度くらいでトップコートのみの塗り替えをおすすめします。
水勾配
FRPとはFiberglass Reinforced Plasticsの略で、樹脂に補強材として繊維を組み合わせて作る繊維強化プラスチックのことです。

軽量なのに丈夫なのが特徴で、住宅はもちろん自動車や鉄道だけでなく航空産業など幅広い分野で利用されています。

耐水・耐蝕・耐候性のある被覆防水層を作り上げることができます

排水には規定の水勾配をつけます。
雨水がドレンにスムーズに流れる溝を作ります。
防水立ち上がり高さ
ベランダの掃き出し窓です。

防水層はサッシより先に施工し、防水の立ち上がり高さは『住宅瑕疵担保責任保険の設計施工基準』で定められています。
台風などの横殴りの雨の時に部屋側に水が入って来ないための立ち上がりが必要となります。
サッシ下端
サッシの下端で120mm以上、その他の部分で250mm以上という決まりがあります。

水返しのガードの高さも含めると、ベランダ側からのまたぎ高さは15cm位になります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

静岡市駿河区大坪町ガルバリウム屋根カバー工法

屋根修理前
ガルバリウム鋼板 カバー工法
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
雨樋交換
防水工事
落葉除けネット設置
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
92万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ベランダ防水工事です

葵区瀬名で、ベランダのFRP防水工事の様子です。白いパフパフした布のようなものを貼っています。FRPとは、繊維強化プラスチックの略で名前そのままガラス繊維のようなプラスチックです。

屋根工事です

桜の花も散り始めました。天気がいいので、この屋根の上からは富士山が見えるのではないでしょうか。今日は10m以上もあるガルバリウム鋼板が届き、クレーンで吊り屋根へ上げます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468