オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市葵区本通よくある雨漏りの事例『ベントキャップからの雨漏り』


静岡市葵区本通での雨漏り調査の様子です。

風の強い横殴りの雨の時に、キッチンの換気扇から水滴がポタポタと落ちてくるとのご依頼でした。

こちらのお宅のキッチンの換気扇はシロッコファンです。
シロッコファンとは、縦長の細長い板状の羽根が筒状に取り付けられているファンで、これを回転させて汚れた空気を吸い込み、接続されたダクトを通して屋外に排出するしくみになっています。
プロペラファンと違い、ダクトを通して排気が出来るので屋外に面していない場所での設置が可能です。

調査しましたところ、換気扇以外の部分にはクロス染みなどもなくベントキャップが怪しいとみてダクト手前に高さのある水返しを取り付けさせていただきました。
深型
<深型フード>

雨が入りにくいことが特徴。
外壁からの飛び出し寸法は約13cm程度ですが、狭小地の場合は外壁から隣地までの距離が10cm以下の場合もあります。だからといって、隣地にはみ出してしまうようなフードをつける訳にはいきません
薄型フラット
そこで薄型の登場です!

これなら外壁から約8cm程度なので、狭小敷地の時などでも隣地にはみ出すことなく設置することができます。

しかし、深型に比べて開口が広いので、台風などの横殴りの暴風雨の場合は雨水が侵入してしまう可能性が高いです。

ベントキャップから建物内部の換気扇につながるダクトにも室内側が水上になるように勾配は付けているのですが、勢いに負けてたまに入ってきてしまうこともあります。
フード
今回のケースはダクトの手前に高さのある水返しをつけることによって様子を見ることになりましたが、ベントキャップのシーリング(防水)が劣化している場合はシーリングの打ち替え、改善されないようなら雨の入りにくいフードに交換するなど、さまざまな方法で対処することができます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

静岡市駿河区寿町で玄関上軒天に雨滲みが。

落とし口ビフォー
落とし口アフター
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板(SGL) 谷樋6.5m 笠木板金6.5m 谷樋落とし口まわり
築年数
建坪
保証
工事費用
板金コーキング含む 91854円
施工事例

葵区田町で雨漏り対策で外壁トタンをカバー工法で修繕

ビフォー外観正面
アフター 外観正面
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P1050940

大手メーカーさんでお建てになった築16年のお住まいです。お客様から天窓から雨漏りがしているようだ、とご相談のお電話をいただきました。お客様は、足場が必要になるのか、費用はどれくらいになるのか、どのような方法があるのか、をお知りになりたいとい...........

クロスはがれ

静岡市葵区水見色より。屋根材がトタンのお住まい。築年数を経てトタンの経年劣化が原因で雨漏り発生。雨水が建物内に侵入し、リビングの天井、照明器具まわりのクロス(壁紙)が剥がれてしまい、ご相談のご連絡をいただきました。

屋根

静岡市駿河区中島にある築30年のビルの雨漏り調査に伺いました。屋根の色褪せを防止するように塗装もされ、ボルト部分もコーキングで固めて補強してありましたが、最近になってところどころ雨漏りがするとのこと。一見メンテナンスもされてて、何も問題ない...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468