オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市安西で屋根断熱工事。ルーフスペーサーで快適性UP!


屋根工事
沼津市大岡で屋根工事。

屋根の下地材を張っていきます。
天井部分
鉄骨の建物に木組み……?

この写真を見て疑問に感じる方もいると思います。

重量鉄骨は耐震強度も耐久性も高いのですが、鉄は熱伝導率が高く暑さ寒さを室内に取り込んでしまうため、木造と比べて断熱性能と気密性能が劣ることがデメリットとなります。

そこで今回は、木造で包み込んでしまうことで鉄のデメリットをカバーする作戦です
ルーフスペーサー
日本住環境株式会社のルーフスペーサーが搬入されました。

ルーフスペーサーとは『屋根通気層保持材』であり、屋根断熱をするにあたり必要な通気層を確保するための材料になります。

屋根に通気層を設けることで、室内からの湿気の排出させることができることや、屋根面の熱を室内に伝えにくくすること、それに断熱材内部の結露を防ぐことができます。

屋根通気層は住宅の耐久性と快適性を向上させるために重要な役割を果たします!
ルーフスペーサー施工
室内側から施工でき、タッカー(建築用ホッチキス)で留めるだけでラクラク

凸凹があるので連結も簡単で、カットも可能なので施工時間も短縮できます。
ルーフスペーサー
今までの通気層保持材はダンボール製でした。
ルーフスペーサーは熱に強いPET不織布で、ダンボールに比べて透湿性と耐水性が高い製品です。

ダンボールよりコストはかかりますが、同じく屋根通気工法にした場合の二重たる木工法と比べると手間も時間も大幅に削減できます。
断熱材吹付け
ルーフスペーサー施工後は断熱材を施工します。
様々な断熱材に対応していますが、中でも発泡ウレタン断熱材との相性が抜群で、ウレタン吹付け後、すぐにルーフスペーサーと一体化します。凸凹しているのでウレタンがよく噛み、貼りつきがとても良いです。
発泡ウレタン断熱
ウレタン断熱材を鉄骨までしっかり吹付けます。
完全被覆して結露防止をします。
既製品を詰め込む断熱材と違い、継ぎ目がないので隙間風も一切入る余地がありません、
屋根
屋根はガルバリウム鋼板。軽量で雨仕舞もいいので建物の寿命を延ばす造り。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

桜町現況

静岡市葵区桜町の倉庫オーナー様が弊社に来店されました。倉庫庇の屋根が経年劣化で傷んでしまい、雨漏りがするそうです。オーナー様がご自身で応急処置をされたそうなのですが改善には至らず、弊社にご相談にみえました。

雨樋

駿河区登呂のお客様から雨樋のコーナー部分が割れて雨水が漏れてくる、とご相談をいただきました。

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468