オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

静岡市葵区新通で雨樋に落葉止めを取り付けました。


雨とい
静岡市葵区新通の現場です。

みなさんは『雨樋の役割』について考えたことありますか?
建物に対してあまり目立たなく地味な存在の雨樋ですが、実は建物にとって重要な部分なのです!

建物に降った雨水を集め、地上や排水口へと排水する役割を担っているのが雨樋です。水の侵入により建物が腐食することを避け、建物の耐久性を高めます

雨樋の寿命は一般的に約10~15年だと言われています。

破損の原因
・砂やゴミ、落ち葉などが詰まる
・風や雪の影響
・経年劣化
・継ぎ手の不良
・傾斜が異常

色々な要因がある中で、一番身近で予防出来るのが【砂やゴミ、落ち葉などが詰まること】だと思います。それを叶えるのが今回取り付けした『落葉止め』です。
※メーカーによって「落葉止め」「枯れ葉よけ」「落ち葉よけ」など言い方は様々です。
落葉止め
この落葉止めは、専用の雨樋部材です。
アルミメッシュになっていて、軒樋に落ち葉が溜まることを防ぎます。雨水は隙間からスムーズに流れるので強い雨の時も遮りません。

しかしこの落葉止めも万能ではなく、網目より小さい落ち葉や砂などは入ってしまうので、出掛けた時にたまに雨樋を見上げて見てみたり降雨時にオーバーフローしていないか確認してみてくださいね

自分でハシゴをかけて確認するのは危ないので止めましょう。屋根や外壁のリフォームの時に業者に見てもらうのも良いと思います。

なお自然災害による損害は火災保険が適用されるので、
もしそうなった場合は相談してみてくださいね

屋根のことなら「街の屋根やさん静岡店」にお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場 明り取り窓 大破

このたびの台風における建物被害に見舞われた皆様にお見舞い申し上げます。温暖化の影響でしょうか、毎年、台風の威力が大きくなっていきますね。怖いです。さて、この先、秋にむけて静岡へも台風が上陸してくると思われます。屋根のメンテナンスをお考えのか...........

雨樋

静岡市駿河区登呂のお客様より、2階3階の雨樋からの雨水もれのご相談をいただきました。雨樋のコーナーがヒビわれています。

スレート瓦

葵区瀬名のお客様から経年劣化で屋根材に傷みがある、とご連絡を受けました。スレート瓦です。ひどい台風のときに落下した部分もあるとのこと。軽量瓦とはいえ、当たったら大変なことになります。早急なメンテナンス、もしくは葺き替えが必要になっているかと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら静岡店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-927-468